先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2019年3月卒業予定学生のストーリーです。

PROFILE

赤池 航洋

KOA株式会社 内定

東京証券取引所第一部上場

名古屋証券取引所第一部上場

工学部電気電子情報工学科 4年

神奈川県立秦野曽屋高等学校出身

赤池 航洋

大学での学びが技術者への第一歩
挑戦し続け 真の技術者になりたい

  • マイコン回路製作の体験に参加して進学

    ものづくりに興味があり、専門的に学べる大学を決めるにあたって、神奈川工科大学のオープンキャンパスで、電気電子情報工学科が行ったマイコン回路製作の体験に参加しました。実際に作ってみると非常に楽しかったこと、また、研究室見学で、先輩の方々に「一から教えてもらえる」と聞き、基礎から学ぶことができると感じ、進学しました。

  • 技術者としての基盤ができた授業「ユニットプログラム」

    1年次から4年次までの授業「ユニットプログラム」が印象的で、技術者としての基盤ができたように感じます。特に2年次の「電気電子応用ユニット」では3人のチームでラジオを一から製作。不具合が多く、なかなか音が出なくて苦労しましたが、音が出た瞬間、とても感動しました。座学と実践学習の2本立てで、技術者としての知識が身についたと思います。

  • 「自分は技術者」と言えるようになりたい

    大学で開催された合同企業説明会で出会った電子部品メーカーのKOAは、技術者のチャレンジを大切にしている企業だと知り興味をもちました。インターンシップで長野県の本社を訪れ、「ここで働きたい!」と志望し、製品設計の技術者として内定しました。「自分は技術者である」と自信をもっていえるようになるため、日々、勉強し挑戦し続けたいです。

SIDE STORY

昔のバイクに乗りたくて、敢えて壊れたバイクを購入し自分で修理をして乗っています。

FEATURE

画像解析でよく使われるCNN(機械学習)で、AIがガン検出をする場合、どのような学習データを与えると、正確にガンの場所をマークできるかという卒業研究に取り組んでいます。医師を支援するソフトにできたら嬉しいです。

PAGE TOP