先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2019年3月卒業予定学生のストーリーです。

PROFILE

塙 大樹

太平電業株式会社 内定

東京証券取引所第一部上場

工学部機械工学科 4年

茨城県 清真学園高等学校出身

塙 大樹

東日本大震災を機に「社会インフラ」に注目
海外の発電所建設に携わりたい

  • 機械に携われる仕事に就きたい

    小学生の頃からものづくりが好きで「ものづくり体験教室」によく参加していました。漠然と将来は、機械に携われる仕事に就きたいと思っていました。神奈川工科大学のオープンキャンパスに参加し、KAIT工房などものづくりの施設も充実している点や、新しい建物が多く、清潔そうなキャンパスに好感をもち、機械工学科に進学しました。

  • 大学は人と関わり、鍛えられた場所

    人と関わることに苦手意識をもっていたので、それを克服したいと思い、オープンキャンパスのスタッフとして4年間活動しました。人脈が広がり、コミュニケーション力も鍛えられ、何物にも代えがたい経験ができました。そのほかにも海外研修、学科の勉強等々、神奈川工科大学は、自分を成長させてくれた大学だと思っています。

  • 「社会インフラ」のキーワードで就職活動

    就職活動の軸は「社会インフラを支える企業」。高校入学時に東日本大震災が起こり、社会インフラに携わりたいと思うようになりました。徹底的に業界研究を進め、国内外を問わずに様々な地域で活躍している太平電業に「電力インフラを支えたいです」とアピールし、技術系総合職として内定をいただきました。将来は、海外の発電所建設に携わっていきたいです。

SIDE STORY

4年間オープンキャンパスの学生スタッフを務めました。この活動を通して他学科の学生と友人になれました。

FEATURE

卒業研究は、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)に加重を与え、その損傷や破断具合を測定する際の基準をつくる研究を行っています。研究室はフレンドリーな雰囲気で、先生に気軽に質問ができる環境です。

PAGE TOP