先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

神奈川工科大学

先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

2017年3月卒業予定学生のストーリーです。

神奈川工科大学

三改木 颯太

東光電気工事株式会社 内定

 

創造工学部ホームエレクトロニクス開発学科 4年

静岡県立御殿場南高等学校出身

プロジェクト授業から引き続き、卒業研究でもLED照明に取り組み中

実践的な授業に惹かれて進学

 父は救急車内で救命処置を行う救急救命士なので、高校生の頃からライフライン関連の仕事に就いて社会貢献をしたいと考えるようになりました。神奈川工科大学のオープンキャンパスに参加し、ホームエレクトロニクス開発学科で、ゲーム機器を分解している様子を見学し、実際に分解して学ぶという実践的な教育プログラムに強く惹かれ進学しました。

プロジェクト授業で社会人としての基礎力を習得

 1年次から学科主催のイベントや、オープンキャンパスへの協力を通し、高校生達に本学科の魅力を伝えてきました。また、3年次の「企業連携プロジェクトⅠ・Ⅱ」ではLED照明の開発を行い、「期限を守る」「甘えた気持ちで取り組んではいけない」など、技術面だけでなく社会人としての基礎力も習得できました。3年次に続いて、卒業研究でもLED照明を開発中です。

インターンシップに参加した企業の技術職に内定

 2年次に受講した第二種電気工事士の資格取得講習会の講師が東光電気工事の方でした。3年次には同企業のインターンシップに参加。「ここで働きたい」と強く意識し、一本で挑戦して施工管理の技術職として内定をいただきました。今後は、電験三種の試験に挑戦していきたいです。

所属している研究室は、児童向けイベントなどに積極的に参加していて、仲間と準備や当日の運営を手伝っています。

卒業研究は「小型発電機器の充電池で点灯可能なLED照明の開発」を行っています。住宅の中で光や風力などを利用して小規模発電させ、蓄えられたエネルギーだけで動くLED照明の開発に取り組み中です。
戻る
一覧に戻る
次へ