先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

神奈川工科大学

先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

2017年3月卒業予定学生のストーリーです。

神奈川工科大学

南條 優希

東京電力ホールディングス株式会社 内定

 

工学部電気電子情報工学科 4年

新潟県立上越総合技術高等学校出身

様々な挑戦ができた学生時代。電力会社の電気系エンジニアとして社会貢献

中学校の授業がきっかけで電気科を選択

 中学校の選択授業で、調光機能の付いた卓上型ランプを一人で作り、電気が点いたときは感動し、専門的に学ぼうと高校は電気科へ。高校で進路を決めるとき、社会人として働くには知識不足だと思い大学進学を決めました。神奈川工科大学の電気電子情報工学科は、2年次からの「電気工事・施工管理エキスパートコース」で専門の勉強ができるのが魅力でした。

学んでいく中で電気系エンジニアを志望

 3年次の授業、「環境エネルギー」で強電系や環境について学ぶ中、現場で工事に従事するより、エンジニアになって大規模な電気の供給といった、さらに、社会貢献できる仕事をしたいと思うようになりました。  卒業研究は環境関連の研究室で、PM2.5などの汚染物質を電気を使って集塵除去し、きれいな状態で排出できる装置の開発を行っています。

電力供給で最初に思いついた企業に挑戦

 就職活動は、東京電力ホールディングス一本で挑戦。3年次から携わっていた排ガス対策の卒業研究や部活動で頑張ったことなどをアピールし、内定をいただきました。火力発電の運営や配電工事の監督を希望しており、将来は海外でのインフラ整備などにも携わってみたいです。

大学でボクシング部に入部。未経験でしたが、頑張り抜いて関東リーグに出場することができました。

4年次の9月にフランスで開催された「EAC2016(2016年/欧州エアロゾル会議)」で発表を行いました。すべて英語なので、必死で聞き取って質問に答えました。非常に有意義な経験だったと思います。
戻る
一覧に戻る
次へ