先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

神奈川工科大学

先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

2017年3月卒業予定学生のストーリーです。

神奈川工科大学

杉本 亮

株式会社きんでん 内定

東京証券取引所第一部上場
大阪証券取引所第一部上場

工学部機械工学科 4年

長野県飯田高等学校出身

大学で勉強したことを活かし、世界へ向けた仕事をしたい

「ものづくり好き」が機械に携わることに発展

 保育園児のときは発明家になるのが夢でした。ずっとものづくりが好きで中学生の頃から機械に携わる職業に就きたいと考えていました。神奈川工科大学のパンフレットなどでKAIT工房や海外研修制度を知り、良い経験ができそうだと感じて、機械工学科へ進学しました。

勉強をする中で、やりたいことが明確になった

 大学に入るまでは漠然とものづくりへの思いがありましたが、専門的な勉強をするうちに、機械には様々な分野があることを知り、「大きな機械を製造して社会貢献をしたい」と考えるようになりました。1年次の「物理・化学ユニット」で実験を通して光・重力といった現象を検証する授業は、身の回りで起きていることの原因が判明していき、興味深く楽しいものでした。

内装設備の仕事を通して、多くの人の役に立ちたい

 就職活動は当初、機械系に絞っていましたが、キャリア就職課主催の「業界・職種研究会」に参加し、総合設備エンジニアリング企業のきんでんを知り、興味をもちました。建築物の内装設備は大きな仕事なので、より多くの人の役に立てると感じて挑戦し、技術職で内定しました。「内装設備で世界一」と言われるような仕事がしたいです。

喫煙をした場合、禁煙者も同室で快適に過ごせるような空間を作るために、煙の流れを研究しています。

2年次の2月から1か月間、海外英語研修プログラムに参加し、アメリカのシアトルで勉強しました。思っていることを伝える大変さを痛感しましたが、以前より臆せず話せるようになり、貴重な体験ができました。
戻る
一覧に戻る
次へ