渡邉 啓太

東日本電信電話株式会社(NTT東日本) 内定
創造工学部ロボット・メカトロニクス学科 4年
福島県立いわき光洋高等学校出身

プロ野球選手をめざしたい!
社会人野球の道を選択

小学生からやっている野球を続けたい

小学校1年から野球をやっていて、高校3年では福島県のベスト4になりました。ずっと野球を継続しようと考えていたため、関東圏の大学で、1部リーグに所属し素晴らしい球場を持つ神奈川工科大学へ進学を決意。ロボット・メカトロニクス学科は身体の仕組みなども学べるため、野球を続けるうえでも勉強になるのではないかと選択しました。

大学生活を通して大きく成長できた

週6日の部活動に力を入れ、1年次からピッチャーとしてレギュラーに。寮も全員が野球部員だったので、大変なことも一緒に乗り越えられたように思います。先輩にアドバイスをもらったり、他学科の部員の話を聞いて視野が広がりました。硬式野球の部活動や寮生活、大学での研究などを通して、自分が大きく成長できたと感じています。

社会人野球部のある企業を選択

「野球をこれからも続けたい」という思いを実現させるため、社会人野球部のある企業に絞り、練習会などで社員の方から話を聞いたり、見学をしてNTT東日本に内定しました。野球を続けるからにはプロ野球選手をめざしたいです。野球は自分の全てなのでこれからも頑張ります。

スポーツ関連などの実験を行っている研究室に所属。「投球動作による肩関節への負担」という表題で卒業研究を行っています。野球を究めていくにも役立つ内容なので、楽しみながら取り組んでいます。
神奈川大学野球秋季1部リーグ戦で「最優秀投手賞」を受賞。引退の年に実績を残せて嬉しかったです。