駒ヶ嶺 祐大

日産自動車株式会社 内定
東京証券取引所第一部上場
大学院機械システム工学専攻博士前期課程 2年
(自動車システム開発工学科 卒業)
岩手県立盛岡工業高等学校出身

大学で思い描いた通りに成長できた
日産で全体を見渡せるエンジニアになりたい

パワーショベルにあこがれた幼少期

親の話ではかなり幼少の頃からパワーショベルなどの働く車に興味をもっていたようで、その頃から自動車が好きだったようです。高校で自動車に携わる仕事を希望したところ、進路指導の先生から自動車システム開発工学科を紹介していただきました。自動車に触れながら工学的な知識を身につける上で最適な学科だと思い進学しました。

開発職に就くために大学院に進学

具体的に大学院進学を決めたのは4年次でしたが、大学受験時に面接官の教授から「将来、開発職に就きたいのなら初めから大学院をめざしなさい」と言われたことが頭にありました。また成績上位だと大学院の学費が全額免除になるので、常に上位を心がけました。大学院では振動・騒音を低減するためのタイヤの研究をしています。

努力が実って希望していた自動車メーカーに内定

完成車メーカーや自動車部品メーカーに絞って就職活動を行い、日産自動車の技術職として内定をいただきました。入社後は製品開発部門を希望しています。何に対しても興味をもち、幅広い知識を身につけ、自動車の全体像を見渡すことができるエンジニアになりたいです。

大学院でタイヤの振動・騒音について研究中です。特に振動・騒音の原因である路面凹凸とタイヤの接触メカニズムの解明を目標に取り組んでいます。学部でも大学院でも様々な企業から助言をいただき研究ができました。
シーズンになると友人と一緒に日産X-TRAILにスノーボードを積み込んで、ワンシーズン数回はゲレンデへ行きます。